Greyhound

トムハンクス映画です。私は普段はたいていコメディ見ることが多いのですが、そんな私でもこの映画は大丈夫でした。戦争映画ということになっていますがそれほど残酷なシーンはなく、ひたすら海の上のシーンでドンパチドンパチな感じです。しかしそれでもなかなか面白い。引き込まれて見てしまいます。私は映画見るときは字幕なしでみますので殆ど理解していませんので後からウィキペディアで捕捉しました。 トムハンクスは初指揮をとる護衛艦の船長役です。最後は全てが終わったあとにベッドで眠るシーンで終わります。 ↓ウィキペディアページです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

Continue reading

ツイッターの世界は怖い(こともある)

私はツイッターをよく使います。自分で言いたいことや書き留めておきたいことに使ったり他の方々のツイートから情報収集したり。しかし使えば使うほど何でもかんでも好き放題ツイートできないなということに気がついています。いわゆるツイッター側が設けた発言ルールのことを言っているのではありません。 ある日何気にツイートしたことが、ある人にはカチンと来る内容だと、抗議リプのようなものがきて、最悪の場合それで色々嫌気がさして、ツイッターやめている(もしくはそのアカウントは削除)人もたまに見かけます。最近は返信できる人を制限できる機能もついたようなのでいくらか回避はできるかもしれません。 私自身もこの人のツイートは合わないなー見ていて不愉快になるなーと言う場合はミュートしたり、どうしても許せない言動をした人はブロックしたこともあります。また逆もあるでしょう。最近はあまり返信はせず言いたいことは我慢してせいぜい「いいね」つける止まりにすることが多いです。私と直接揉めたとかはないですが、タイムラインを見ていると随分難しい人もいるなーと思うこともあります。 一度失敗したというかちょっと心を痛めたのが、今日はレッスンでこういうことをしました(私は長年DMM英会話生徒なので実は教材に飽きて教材は使っていません)と書いたら、他の生徒さんが不安になったらしく、ちょっと他の生徒さんと違うことをやっていることを思いっきり書くのは考え物だなーと思ったこともあります。それで思いっきりぼかして何をやったのかははっきりとは分からないあいまいな書き方に変更。 英会話や英語学習に関するツイートも慎重にしないと大炎上することがありますので、あたり触りのないことしか書けません。それから何でもかんでも詳しくツイートに書くと、受講した先生がばれて、最悪の場合、フォロー外のみずしらずの他の生徒がそのツイートについて例え悪いことでなくても、いわゆる該当の先生に告げ口するケースもあるようなので、今は怖くて何にも書けなくなりました。この辺りはオンライン英会話のレッスン記録をツイートしている生徒は要注意かなーと思います。特に誰かと揉めたということはないのですが、嫌なことは忘れて気にせず、あまりツイートにのめりこみすぎず(他の生徒さんたちのレッスンツイートなどは興味深いし参考になりますが)距離をおくことも時に必要かなーと最近は思っています。そんなわけであまり人と関わらないようにしようモードに入っている私でした・・・。

Continue reading

クッキングビデオをYouTubeでみる

私は料理好きとは言えませんが、最近食べ物のニュースや料理番組に少し興味があります。ここ数日で見たものを3つ紹介します。 1.【ダイエット中閲覧禁止】幸せのフレンチトースト ガチャピンムックのチャンネルです。ガチャピンが歌を歌ったり、ムックがストリートピアノを弾いたりなかなか素敵なビデオが多いです。その中のコーナーの一つで時々もこみちさんと料理しています。尚もこみちさんのチャンネル(https://www.youtube.com/channel/UCps1bJGPPZuH1_FBfeBnSag)でもクッキングビデオが多数アップされています。 2.HOMEMADE SHANGHAINESE FOOD MUKBANG | Jimmy’s Taste Test 日本語音声・字幕はありませんが、英語字幕はあります。字幕なしでも料理番組なので映像を見るだけでも楽しめます。 Jimmy O. Yangは香港出身のアメリカで活躍するコメディアン・俳優さんです。アメリカのドラマ「Silicon Valley」のジンヤン役で有名です。少し前は吉野家の牛丼を試食していました。 3.DragonForce: How to Make Seafood Spaghetti with Drummer Gee […]

Continue reading

ドラゴンクエストウォーク 「メタルの群れ」再び出現

最近リリースから1周年記念ということもあってか、テレビコマーシャルも見かけるようになった「ドラクエウォーク」。私はリリース直後に多少やってみたもののその後長らく放置。しかしまた最近再開しました。現在は上級職転職へ向けてひたすら基本職のレベルを上げる毎日。しかしレベルが上がれば上がるほど、次のレベルへ上がる経験値が膨大になり敵を倒しても倒してもレベル上がらずの日々が続き根気がいります。そんなときのお助けイベントの一つが「メタルの群れ」「メタルダンジョン」などです。特にフィールド上に出現するメタルの群れは経験値稼ぎに大助かりです。↓こんな風にフィールドにはぐれメタルが多数出現します。 ところが、はぐれメタルは逃げ足が早いので、最悪の場合は全部逃げてしまって終わることがしばしばです。長い戦闘の後に逃げられると本当にガッカリです。何か早くはぐれメタルを倒すいい方法がないかと思っていたところ、福引で「メタスラのオノ」を運よくもらいました。これは強化しなくても、攻撃力の弱いキャラクターが装備しても、ほぼミスすることなく、1-2ダメージをはぐれメタルに与えることができて、戦闘が大分楽になりました。 おまけ 現在の自宅(まだ夏っぽい) 少し前にはゴールドマンの群れがフィールドに

Continue reading

NOVA英会話

グループレッスンのこと 私はオンライン英会話を毎日しているのに加えて通学制の英会話スクールに通っています。通い始めたのはもう10年以上前になります。途中4年ほど辞めていた時期もありますがここ数年はまた再開しています。通い始めた頃はまだオンライン英会話はとても珍しい時代でしたので英会話と言えば通学制スクールが定番でした。マンツーマンレッスンもありますが料金が高いのでグループレッスンを選択する生徒も多いです。 ツイッターを見ていると、オンライン英会話では日本人先生と外国人先生を区別して、日本人先生のレッスンを受けることに抵抗がある方もいらっしゃるようです。理由は日本人同士で英語で話すことに何らかの違和感を感じるというものが主なようです。一方NOVA英会話はじめ多くの通学制英会話スクールはグループレッスンだと当然他の生徒さんと同席ということになります。他の生徒さんがいると不都合を生じることもある(同じクラスの生徒同士でも生徒の英語力や性格などに差があるので、少し上の英語力で大人しくない生徒だと、その生徒のペースで終始レッスンが進むこともあり、これが他の生徒のストレスになることがあるようです) では何かよいことメリットはないのでしょうか。 他の生徒から学ぶことが大事 かつ 日本人同士で英語で会話が気にならなくなる 目先の話数の多さ(ある生徒だけたくさん話している、自分はほとんど話す機会がなかったなど)だけにとらわれず、他の生徒から学ぶことはあります。 よい語彙を持っている生徒がいる 英語以外の音が多い生徒(あーとか、うーとか) 声が小さく何を言っているか分からない生徒 文法が滅茶苦茶で何を言っているのか分からない生徒 先生の質問を勘違いして的外れな回答をする生徒 発音や音読の様子 悪い面ばかり書いてしまいましたが、他の生徒の様子を見て、自分はそうしないようにしようと気が付くことも大事かなと思います。特に発音や音読はいわゆる日本人英語発音の人が私も含めほぼ全員と言ってもいいかもしれません。先生と比べて音読が平坦だなとか色々気が付くことがあります。またよく話す生徒さんでも何を言っているのかあまり分からないことがあり、なぜなのかと考えたときに片言英語っぽい感じだったり文法が崩壊していたり、先生に比べて無駄が多い(先生はシンプルで分かりやすい構文を使ったりします)からと気が付いたことがあります。 レッスンのときは他の生徒にペラペラ話されるとペースが狂い、自分の発話の回数に一喜一憂することもあるかもしれませんが(これはマンツーマンレッスンでも共通です。先生だけが話して自分は話す機会が少なかったなど)できれば他の生徒から学ぶ姿勢があるといいかもしれません。 特に私が一番NOVAのレッスンで辛いのは、生徒同士2人組で決められたお題にそって会話するロールプレイのようなものが毎回あるのですが(すべてのレベルの教科書にその練習があるかは分かりません)、何を言っているのか全然分からない生徒さんが時々います。声が小さくぼそぼそしていたり余計な英語でない音が必要以上に入ったり、何か言っているけど意味をあまりなしていなかったり。話している生徒さんは一生懸命なので「分かりませんでした」とも言いにくかったりで勘で何を言っているのか予想することもあります。会話は相手があることなのでやはり相手に伝わるように話さないととそういう時は感じます。

Continue reading

ドメイン購入

借りたレンタルサーバーから与えられたドメインはssl化されていないことが懸念事項だった私。試しにツイッターで昨日投稿したもののリンクを貼ろうとするもツイートが送信できませんでした。設定か何かでhttp://で始まるサイトははねられているのかもしれません。というわけでドメインを買ってssl化をしてみました。ドメインの取得価格はピンキリ。最初は何て安いのと思いましたが2年目からは料金がかなりあがるようです。 私は安い.siteドメインを購入しました。レンタルサーバーのサイト上でssl化できました。その後ワードプレスの設定を変更しグーグルにも登録作業をしました。次の課題はそのうちですがドメインをもう1つ増やして別のサイトを作ってみたいと思います。

Continue reading

Google Search Console URL検査

ワードプレス初挑戦しかしGoogleの検索にあがらない ワードプレスを初めて使ってみる 今までブログを書いたことはあるにはあるのですが、いわゆるブログサイトのひな型を使ったものでした。今回は自分でレンタルサーバーを借りてワードプレスを使って書いてみました。昨日は某レンタルサーバーを借りてワードプレスをインストールして色々やってみたらとりあえず何か投稿できるところまでは行きました。 そして今日はアクセス解析をチェックしたところ私以外誰も見ていないということが判明。Googleで「site:」を使ってチェックしてみるもどうも私のサイトはGoogleの検索にかかっていないよう。それでGoogle Search Consoleを使ってチェックしてみる。そうするとこういう画面が出て自分のサイトのURLを入力してGoogleが指定するファイルをダウンロードしてそれをサイトのルートにアップして認証しろというので指示通りに何度もするもGoogleは認証失敗としか言わず。fttpソフトまでインストールして色々やってみたけど解決せず。 未だに原因が分からないのでそのレンタルサーバーはあきらめ、別のレンタルサーバを借りる(前のサーバーに残したワードプレスのファイルはエクスポート機能で引っ越し先のサーバーで復元できる)。そこではさっきと同じようにやったら見事グーグルの認証に成功。しかもそのレンタルサーバー上でfttpできたではないかこれは便利こっちのレンタルサーバーにしようとそこまではよかった。 そしてウィジットに広告貼れず HTML貼るウィジットから広告リンクを張るも、最初のレンタルサーバーでは問題なく作動したのに、今度はセーブしようとするとグルグルモードで保存がいつまでたっても完了しない。原因を少し調べてみるとどうも「WAF」というのが関係しているらしいと分かり設定を見ると有効になっていたので無効にしたら(セキュリティ上はよくないんだろうけど)無事広告リンク貼れた。 URL検査グーグルに登録成功 そしてグーグルで検索かけるもまだ検索にあがってこないのでURL検査というのを使ってみることに。これはあっさりと登録完了で無事にグーグルの検索にあがるように。 何もしなくてもいずれはグーグルのボットからサイトを見つけてもらえるのかもしれませんが、気長に待てないという人はURL検査を使って未登録の場合はサイトを登録するとすぐに検索にあがるようになります。 次の課題はサイトを暗号化していわゆる鍵マークついたサイトにすることです。これもレンタルサーバーから提供されたドメインではできないらしく、自分でドメインを用意しないといけない模様(少し経費がかかる)いわゆる独自ドメインssl化というものらしい。またゆくゆくは外国人向けの英語ブログも書こうと思っているのでドメインはもう一ついるかなー。ワードプレスはまだ全然使い慣れていないです。それからせっかく英語を勉強しているのでワードプレスの言語は英語にしています。

Continue reading

第252回TOEIC Listening & Reading公開テスト【2020年9月13日(日)】を受験

8か月ぶりにTOEICを受けました コロナ以前は2か月おきくらいにTOEICを受けていたのですが、今年は1月に受けて以来中止が相次ぎ、やっと再開のようだと思ったら何と受験者の人数を制限し先着順に受け付けるというではないですか。シャープのマスクに申し込むもサイトダウンだったのが頭をよぎりました。TOEICも同じにならないよねと。 嫌な予感は的中し申込日に受付開始時間より少し早めにTOEICサイトにログインしスタンバイしていたのですが受付時間になったらサイトに繋がらなくなってしまいました。それから何度もログインを試みるもログインできないか、ログインできてもすぐ繋がらなくなると繰り返しで格闘すること2時間。ようやくつながり奇跡的に申し込むことができました。何と当選率は約2割ほどだったようだと噂で聞きました。ツイートをみたら落選した方もたくさんでした。中には東京から沖縄など遠方にTOEIC受験のために行くかたも…こんなことがあるのかと信じられない光景でした。この件があってからTOEICは午前午後2回制にし、申し込みも抽選制になりました。 そして試験当日。会場はいつもはどこかの大学でしたが今回は聞いたことがない施設ででした。欠席者はほとんどいないようでした。試験自体は滞りなく終了。 リスニング問題はそれほど難しくなく、何を言っているのかまるで分からないアクセントもなく、話者のスピードも速く感じず、パート2のひねった問題以外は素直で難易度はいつもより下がっていたように感じました(問題は全国同じではなく数パターン存在するのであくまで私が受けた問題の感想です)リスニングはたいてい 話し手はどこにいるでしょう、どこの部署でしょう 話し手は何が問題なのでしょう 話し手は次に何をするでしょう とかだいたいパターンが決まっているのでそこさえ聞けば全部気合入れて聞かなくてもいいと気が付き省エネリスニングでいけました。 リーディングは前半の文法はそれほど悩む場面もなく順調に進みましたが、後半の長文では時間が足りず、塗り絵こそ意地で回避しましたが最後は殆ど問題文を読まず勘で回答。実力不足を感じました。目標は長文の内容を楽しみながら余裕で回答だったのですが、余裕など全くなく必死で回答で終わりました。 今回は他の受験者は必死に勉強してきた方が多いようなので、素点がまあまあでも相対的には点数が下がるのではという予想もあります。まあ色々ありましたが8か月ぶりの受験無事にできてよかったです。

Continue reading

DMM英会話 プラスネイティブチケット販売開始

DMM英会話では月々の月謝の他に追加料金を支払えば「プラスレッスンチケット」を購入できます。DMM英会話では月謝の範囲内でできる「通常予約」をするには色々な制約があるため(通常予約したレッスンを消化しないと次のレッスンを予約できないなど)その制約がほぼないプラスレッスンチケットを使用したチケット予約をするとレッスンを消化しなくても数日先の予約をすることができたりします。ただし価格はチケット1枚500円と割高です。しかもスタンダードプランの先生の予約しかできず、ネイティブスピーカーの先生や日本人の先生の予約はできません。 プラスネイティブプランの生徒はプラスチケットを買ってもスタンダードプランの先生しか予約できないというのが従来でした。ただし以下の場合はネイティブスピーカーの先生も予約できるチケットが支給されていました。 【プラスネイティブチケットのデメリット】 価格が高い。10枚セットで13,000円。月謝にプラスなので月々の支払いが高額になる可能性がある 人気先生の予約争奪戦に拍車がかかる。人気の先生のレッスン枠を1人の生徒が多数買い占める可能性がある(1人の生徒が同じ先生の予約枠を大量に買い占めている事例はまだ聞いていませんが、稼働している先生が少ない土日を警戒して予め平日のうちからチケット使用で週末稼働の高評価の先生の予約を抑えているケースは増えたかもしれません(未検証ですがチケット販売以降土日に予約可能なネイティブプラン先生の数が極端に少なくなりました) 「1日1レッスン+プラスネイティブチケット」という組み合わせよりも、場合によっては「1日2レッスン」に月謝をアップグレードの方が割安の可能性があるかもしれない(検証していないので不確かですが) 【プラスネイティブチケットを買ってみました】 ばら売りで買うかセットで買うか迷ったのですが5枚セットで買ってみました。1枚使用したので残り4枚になっています。 購入の仕方は簡単です。「チケットを購入する」の水色のボタンを押します。 水色のチケットマーク(プラスレッスンチケット)はネイティブプランの先生は予約できずスタンダードプランの先生のみしか予約できませんので間違えないようにしましょう。 金色のチケットマークの「プラスネイティブチケット」がネイティブプランの先生も予約できるチケットになります。 支払い方法は「クレジットカード」か「ポイント」です。私の場合はDMMポイントが1500未満でしたのでクレジットカード払いにしました。 私は他のDMM英会話生徒のツイートもチェックしていますが今のところ特にプラスネイティブチケットが販売されたからといって特にそれについてのツイートが大幅に増えたようにも思えません。チケット購入に懐疑的な考えの方、またお目当ての先生を予約するために通常予約の範囲内でレッスンを数日分無駄にしている方、色々いらっしゃいます。 私自身はお目当て・人気先生の予約枠をたくさん買い占めることは全く考えていませんが、いざというときに今までよりも予約確保が追加料金を払うことによってできるようになったことは安心感があります。あまり散財しすぎないようにほどほどにしながら時々チケットを買う形になるのかなと思います。個人的にはスタンダードプランの生徒には販売しないのはある意味英断だと思っています。

Continue reading