英会話は必ずしもしなくてもいいのではないか

最近時々思うのは「英会話は実は必要ないのではないか?」「英会話の先生はどうしても必要なのか?」ということです。

多くの英語学習者は話すのがうまくなりたいと思っていることでしょう。私もできるならそうありたいです。話すのがうまくなるためには何が必要かと考えたときに

1.単語や文法などの話すための基本的な土台
2.相手に可能な限り理解してもらえる発音(日本語訛りがあっても概ね理解してもらえる発音)

1がある程度身についていると「それなりそこそこに」にかなり流暢とは言えないまでも話すことができるようになります。が、単語や文法は先生がいなくても独学で勉強したほうが実は効率がいいような気がします。英会話の先生と一緒じゃないとモチベが上がらないという人はそれでもいいでしょう。余談になりますが「日本人の先生と英会話すると日本語になって甘えが出るから外国人の先生にすべき」という意見もありますが、英語で説明されても???な状態の人にとっては日本語で説明聞いたほうが効率がいいこともあると思います。

2も実は、発音ビデオが無料でたくさん見れるので、先生なしでも練習できるのではないかと思います。本当に発音が改善したかは誰かに聞いてもらうのがいいかもしれませんが。

リスニング力をあげるためにも英会話の先生の話すスピードに慣れたい・・・というのも、先生なしでもリスニング素材になるような無料ビデオがたくさんあるので独学でもできるのではないでしょうか。

オンライン英会話などで提供されているニュース記事なども読むことじたいや新着語彙などは先生いらずで独学でもできます。それをネタに意見交換をする機会を提供しているということだと思います。

英会話の先生から、新しい語彙を教えてもらったり、先生の価値観や意見を聞けるというのも英会話の利点かもしれませんが、語彙は自分で何か英文を読んでいるときのほうが遥かにたくさん学べる気がします。

英会話は英語で話し慣れるというのにはいいのかもしれませんが、英会話すればするほど話すのうまくなるかは・・・???な気がしています。上手くなる人もたまにいますが、私を含め多くは長年やってもさほど劇的には変化がない気がしています。すぐに上手くなる人は英会話以外のバックグラウンドで何かかなりの努力をされているのかもしれません(以前英会話に通っていたときに英語うまい生徒さんは暇さえあれば洋書読んでいると言っていました)。