Day: July 30, 2021

DMM英会話 あなたはどちら派?

DMM英会話に限らないのですが、お気に入りの先生だけ受講したいという人と、同じ先生に固定せずなるべく多くの先生に会いたいという人がいます。 極端な例だと以前、オフライン英会話に日本人の先生がいたときに、日本人の先生が担当になると、外国人の先生に変えてほしいという生徒もいましたし、そこまでしなくても、「お金払っているのに日本人と英語で話してもねー」という生徒もいました。私はオフライン英会話では最初の1年くらいは日本人の先生だけ割り当てられて、外国人先生と楽しく話している生徒を横目に、文句も言わずにいました。でも今思うとその1年間はよかったと思っています。 上記とは別に、オンライン英会話では、生徒が自分で先生を選べるのが一般的です。(オフライン英会話でも今は生徒が自分で先生を選んで予約できるところもたくさんあると思います)同じ先生に固執しない生徒には2つ主な理由があって「何回も受講されたら先生に嫌がられるんじゃないか」という嫌われたくないという心理と、「色んな先生から習ったほうが、教え方も色々だしいいのではないか」というものだと思います。 私は3年近くお世話になっている先生が3人ほどいて、その先生中心に受講なんですが、この先生から毎日習いたいという気持ち(1日25分なので週4回受講しても1時間40分)もあるんですが、一方で先生たちにはそれぞれ長所短所あるのと、先生がいつか辞めるときが来るときを考えると、辞めてからまた1からレギュラーの先生を探すのは大変そうで今のうちから探しておこうという思いもあります。また1日1レッスンなので、レギュラーの先生が同日に複数開講している場合は受講できない先生も出てきます。そういったことからレギュラーの先生は週に1-2回くらいのペースで、ほかに新規の先生に会う機会もとっています。中にはお気に入り先生が開講したときには必死で予約獲得競争に耐え毎回欠かさず受講する生徒もたくさんいます。そういうのもやってみたい気もします。同じ先生の受講頻度はどれが一番ベストかは未だに答えが分かりません。同じ先生を何百回、中には何千回受講して、先生が辞めたときに先生ロスになっている生徒(中にはそのショックから立ち直れずに英会話や英語学習を辞めてしまう生徒も)を何人も見ているのですが、私はなぜか先生ロスにはそんなにならないタイプみたいで、今までお気に入り先生何人も辞めていますが、先生が辞めようと私の英語学習にはあんまり影響はありません。 【期間限定価格】8/1 23:59まで!【ウイルス対策】ダイソン Dyson Pure Cool Link TP03 WS 空気清浄機能付タワーファン 扇風機 ホワイト/シルバー価格:36300円(税込、送料無料) (2021/7/30時点) 楽天で購入

Continue reading