Twitterでオンライン英会話の先生のことを書くのはずっと前にやめた

Twitterでオンライン英会話の記録を毎日しています。ハッシュタグをつけて同じように記録をツイートでしている人はたくさんいます。他の人の英会話の様子が分かって参考になります。

ツイートでは
・自分の英語はどうだったか
・先生がどんな先生だったか

の主な2つのどちらかまたは両方について書かれていることが多いです。私は先生のことは極力書かないようにしています。例え悪いことではなくても、自分が逆の立場だったら、ネットで生徒に陰で自身について書かれるのは嬉しいかなと思ったときに多分大半の先生は気にしないと思いつつもしも嫌な気分だったらと思うと私は書かないことにしました。もちろん先生のことを事細かく書いている人を悪いと思っていません。

それから先生の情報を隠しているつもりでしょうが、実は一発でどの先生のことが分かることが時々あります。つまり私も先生のことを書けば他の生徒にどの先生のことか気づかれる可能性があります。特に人気でなかなか予約のとれない先生の場合それは他の生徒にもその存在が知られてますます予約困難になるかもしれません。それから結構どの先生か分かったときに自分も受けたことがある先生だと内心あんまりいい気分がしません。最悪のケースだと見ず知らずの生徒が「私がツイートでこんなこと言っていたよ」と先生にいわゆる告げ口する場合も考えられます。実際にそういうケースはあるようです。公開ツイートである以上自分の知らないところで、こっそり自分がツイートしていた内容を先生に密告する人がいる可能性があると警戒すべきと思います。