DMM英会話 話題選びで気をつけること

10月に英語検定を受験して、しばらくのんびりしていたらもう10月も終わりになっていました。英会話10月は1日2レッスン毎日しています。今回は英会話するときの話題で気をつけたほうがいいことを何点か書いてみます。「お金を払っているんだから生徒が好きなことを話していいんだ」と思いたいのですが、好き放題話すと先生を不愉快にしてしまうこともあるかもしれません。

外見・身体的特徴・個人的な質問

つい先生の外見について触れたくなることもありますが例えそれが誉め言葉でも避けた方が無難です。例えば「顔が小さいね」は日本人にとっては褒め言葉ですが外国人にとっては「頭が小さい・脳が小さい・馬鹿だ」と受け取られることもあります。家族構成など個人的な質問も友達や親しい間柄でもない人には話さない外国人もいます。

政治の話

政治の話全面的にダメということではないですが、例えば今はアメリカ大統領選の話題でもちきりですが、私はアメリカ人の先生と話していますので、トランプさんが大嫌いな先生もいてそういう場合はトランプさんの話題は避けます。またオンライン英会話の先生は生徒の前では政治的なことで本音を言わないこともあるのでやはり生徒側が好き放題言うのは先生にとって不愉快な話題もあるかもしれないので気をつけないといけないかもしれません。

食べ物の話

食べ物の話は無難なのではと思いがちですが私はベジタリアンの先生に何人か会っています。ベジタリアンの先生のときは寿司の話題・肉の話題はもちろんなるべく食べ物の話はしないようにしています。ベジタリアンにも色々なタイプがいて、食べ物だけではなく動物製品は使わない、菓子の材料のバターも動物由来なので使わない、自分はベジタリアンだが肉の話をするのは構わないなどその先生毎にタイプが違うかもしれません。他にも宗教上の問題で避けている食べ物があったりするかもしれません。

デイリーニュースの場合はどうするのか

私は現在はデイリーニュース教材を使用しておらず、持ち込み記事を使用していますが、デイリーニュース教材の場合事前に自分で記事を選んで予習してから受講する生徒もたくさんいると思います。デイリーニュースが政治的なことやその他タブーな話題などに配慮して記事作成しているのかまでチェックしてみたことはありませんが、初めて会う先生の場合はやむを得ないこと(先生が好きではない記事を偶然選んでしまった)もあるかと思いますが、先生に記事の話題がOKかどうか聞いてみるのもいいかもしれません。