DMM英会話 24時間開講 時間帯別の特徴

DMM英会話は24時間開講しているので、都合のいい時間にレッスン予約をすることができます。DMM英会話をやっていて一番の関心毎の一つは「予約」かもしれません。どの先生でもいいので毎日同じ時間(帯)のレッスンを予約する生徒、レッスン時間にこだわらずできるだけお気に入りの先生や高評価の先生を予約する生徒さまざまです。時間帯別の特徴を見ていきます。

(朝)5:00-9:00くらいは混雑時間帯

1日を英会話で始める、英語学習で始めるという朝活をしている人は多くいます。また仕事に出かける前に英会話という人も多いです。そのため朝の時間帯は混雑しています。英会話をして翌朝の予約をすぐに取る人も多いため、予約がとてもはやく埋まります。
(メリット)翌日の予約を有利に確保できる
(デメリット)当日の午前中以降にお気に入り先生や高評価先生がスロットあけやキャンセルが出たときに、すでに当日の英会話をしてしまっているので予約ができない

(日中)比較的混雑していない

ただし最近は在宅勤務の人が増えてきているたり、昼間在宅の人は比較的時間の融通が利く人が多いため人気の先生であればすぐに予約でうまってしまいます。

(メリット)比較的混雑していない時間帯
(デメリット)日本の日中は寝ている先生も多いため(欧米在住の先生)ネイティブプランの先生でこの時間帯に開講している場合は、ほぼ間違いなくその先生はアジア諸国など日本とあまり時差がない地域に住んでいるか、午後レッスンを開講している場合はヨーロッパ在住の先生の可能性が高い。稀にアメリカの西海岸在住の先生の場合日本の昼から午後の時間帯に開講している場合がある。日本の朝夜に開講している先生はアメリカか南米在住の場合が多い。アジア諸国に住んでいる先生の場合回線に多少問題があることが時々ある(アメリカ南米に住んでいても先生の回線に問題がある場合もあるが)

(夜)19:00-22:00くらいは混雑時間帯

仕事や学校が終わる時間帯以降いわゆるテレビのゴールデンタイムと言われている時間帯は英会話も混雑時間帯です。

(メリット)人気の当日開講・キャンセルが出た先生でも予約が取れる場合がある
(デメリット)翌日の予約に不利。受講時間が遅ければ遅いほど翌日予約可能な先生の数はどんどん少なくなる。お気に入り先生の連日受講は難しい場合がある。先生にこだわらずどの先生でもよい場合はこの限りではない。

(深夜)一番混雑していない時間帯

深夜0:00以降翌朝4:00くらいまでは比較的すいている時間帯です。大半の日本人は就寝しているので、海外在住の生徒などには有利かもしれません。

(メリット)人気・高評価先生の予約も楽に取れることがある
(デメリット)開講している先生が少ない(先生も日本人が寝ていると思って開講しないかも)。深夜1:30までのレッスンを先生にキャンセルされると当日中に次の先生を予約するのが困難。

いったん日本の深夜枠に開講するのですが、予約が入らないので、開講枠を消してしまう先生もいます。深夜0:00以降の開講スロットは長い時間あいたままになっていることも多いです。