DMM英会話 評価はあてにならないこともある

先生選びをするときに多くの人が評価点数とレビューを参照するかと思います。しかしレビューは100%正当に評価されたとは言えないかもしれません。理由は

1 評価をしない生徒が多数いる

2 先生に非がなくてもわざと評価を下げる生徒がいる(予約を取りやすくするため)

3 レビュー欄で悪いコメントを残している場合生徒側の問題のことも多い

先生が話すスピードが速い、話が盛り上がらずつまらなかった、先生ばかり話していたなどのコメントは、もちろん先生は仕事なのでどんな生徒にも合わせないといけないのですが、客観的にみてその類のコメントを残す生徒はかなりの初心者のことがあります。

レビュー欄に話すのが速いと書かれていても多くの場合書かれているほど速くないです。話が盛り上がらないのはこれは生徒の話が楽しいものではないこともありますし、先生がお膳立てしても、生徒の能力の問題で殆ど話せなかった場合はつまらなかったと書くかもしれません。先生ばかり話していたというのも、生徒の性格によりますが(大人しい生徒だと割り込めない)中上級者になればなるほどそう感じる機会は減ってくるかと思います。

あとはあんまりみないですが、先生から言い負かされて腹いせレビューを残したり、先生からちやほやされずに(たいてい女性の先生に対しては男性生徒)逆切れ?生徒や、日本では当たり前でも、外国では失礼にあたる質問をして(友達でもない人には通常個人的な話は外国ではしないようです)先生が応じないと悪いレビューを残すもの。客観的なコメントとは言えないものもあります。いい先生なのに、評価が低い場合は正当ではない評価をつけられている場合があります。