TOEIC L&R IPテスト(オンライン)

今日は初めて「TOEIC L&R IPテスト(オンライン)」というのを受けてみました。TOEIC協会が受験者を選定した非公開テストのようで誰でも応募できるわけではありません。調査研究の一環としてのテストということだそうです。なぜ私に受験案内が送られてきたのかは分かりません。無作為抽出でたまたまあたったのかもしれません。9月13日に公開テストを受けて以来約2週間ぶりでTOEICテストです。

テスト時間はなんと休憩はさみ4.5時間(Zoomで受付したあとに各自ブラウザー上で受験します)!

・2時間版TOEIC(公開試験の問題形式に限りなく近い)
・1時間版TOEIC(公開試験の問題ベースのようだが1時間に短縮でリスニング問題・リーディング問題30分やったあとに類似の形式でもう30分やる)

感想

・リスニング問題は設問の先読みできないので公開試験より難しかった
・2時間版TOEICは、もしかしたら将来的には公開受験(現在は抽選制で午前午後2回制)に加えて定期的に実施されるかもしれないし、もしその場合は感染が懸念される事態でも安心して受験できるかもしれない。ただ公開受験と全く同じ受験環境というわけではないので公式記録として企業等に認められるかは分からない。しかし個人的に英語力がどれくらいかを知るテストとしては十分かもしれない。
・1時間版TOEICは基本的には2時間版TOEICを短縮してより気軽に受験できるものである。
・身分確認なども厳重にはされない。Zoomのカメラをオンにするくらい。試験問題にログインするコード1つ入力すれば、あとは何も記入することなく手続き全般簡単。

今日のスコアは9月の公開TOEICよりは確実に低いと思います。TOEICテスト1日2本受験は疲れましたが、よい経験をさせてもらってよかったです。



Author: otter20203