NOVA英会話

グループレッスンのこと

私はオンライン英会話を毎日しているのに加えて通学制の英会話スクールに通っています。通い始めたのはもう10年以上前になります。途中4年ほど辞めていた時期もありますがここ数年はまた再開しています。通い始めた頃はまだオンライン英会話はとても珍しい時代でしたので英会話と言えば通学制スクールが定番でした。マンツーマンレッスンもありますが料金が高いのでグループレッスンを選択する生徒も多いです。

ツイッターを見ていると、オンライン英会話では日本人先生と外国人先生を区別して、日本人先生のレッスンを受けることに抵抗がある方もいらっしゃるようです。理由は日本人同士で英語で話すことに何らかの違和感を感じるというものが主なようです。一方NOVA英会話はじめ多くの通学制英会話スクールはグループレッスンだと当然他の生徒さんと同席ということになります。他の生徒さんがいると不都合を生じることもある(同じクラスの生徒同士でも生徒の英語力や性格などに差があるので、少し上の英語力で大人しくない生徒だと、その生徒のペースで終始レッスンが進むこともあり、これが他の生徒のストレスになることがあるようです)

では何かよいことメリットはないのでしょうか。

他の生徒から学ぶことが大事 かつ 日本人同士で英語で会話が気にならなくなる

目先の話数の多さ(ある生徒だけたくさん話している、自分はほとんど話す機会がなかったなど)だけにとらわれず、他の生徒から学ぶことはあります。

  • よい語彙を持っている生徒がいる
  • 英語以外の音が多い生徒(あーとか、うーとか)
  • 声が小さく何を言っているか分からない生徒
  • 文法が滅茶苦茶で何を言っているのか分からない生徒
  • 先生の質問を勘違いして的外れな回答をする生徒
  • 発音や音読の様子

悪い面ばかり書いてしまいましたが、他の生徒の様子を見て、自分はそうしないようにしようと気が付くことも大事かなと思います。特に発音や音読はいわゆる日本人英語発音の人が私も含めほぼ全員と言ってもいいかもしれません。先生と比べて音読が平坦だなとか色々気が付くことがあります。またよく話す生徒さんでも何を言っているのかあまり分からないことがあり、なぜなのかと考えたときに片言英語っぽい感じだったり文法が崩壊していたり、先生に比べて無駄が多い(先生はシンプルで分かりやすい構文を使ったりします)からと気が付いたことがあります。

レッスンのときは他の生徒にペラペラ話されるとペースが狂い、自分の発話の回数に一喜一憂することもあるかもしれませんが(これはマンツーマンレッスンでも共通です。先生だけが話して自分は話す機会が少なかったなど)できれば他の生徒から学ぶ姿勢があるといいかもしれません。

特に私が一番NOVAのレッスンで辛いのは、生徒同士2人組で決められたお題にそって会話するロールプレイのようなものが毎回あるのですが(すべてのレベルの教科書にその練習があるかは分かりません)、何を言っているのか全然分からない生徒さんが時々います。声が小さくぼそぼそしていたり余計な英語でない音が必要以上に入ったり、何か言っているけど意味をあまりなしていなかったり。話している生徒さんは一生懸命なので「分かりませんでした」とも言いにくかったりで勘で何を言っているのか予想することもあります。会話は相手があることなのでやはり相手に伝わるように話さないととそういう時は感じます。