Day: September 16, 2020

第252回TOEIC Listening & Reading公開テスト【2020年9月13日(日)】を受験

8か月ぶりにTOEICを受けました コロナ以前は2か月おきくらいにTOEICを受けていたのですが、今年は1月に受けて以来中止が相次ぎ、やっと再開のようだと思ったら何と受験者の人数を制限し先着順に受け付けるというではないですか。シャープのマスクに申し込むもサイトダウンだったのが頭をよぎりました。TOEICも同じにならないよねと。 嫌な予感は的中し申込日に受付開始時間より少し早めにTOEICサイトにログインしスタンバイしていたのですが受付時間になったらサイトに繋がらなくなってしまいました。それから何度もログインを試みるもログインできないか、ログインできてもすぐ繋がらなくなると繰り返しで格闘すること2時間。ようやくつながり奇跡的に申し込むことができました。何と当選率は約2割ほどだったようだと噂で聞きました。ツイートをみたら落選した方もたくさんでした。中には東京から沖縄など遠方にTOEIC受験のために行くかたも…こんなことがあるのかと信じられない光景でした。この件があってからTOEICは午前午後2回制にし、申し込みも抽選制になりました。 そして試験当日。会場はいつもはどこかの大学でしたが今回は聞いたことがない施設ででした。欠席者はほとんどいないようでした。試験自体は滞りなく終了。 リスニング問題はそれほど難しくなく、何を言っているのかまるで分からないアクセントもなく、話者のスピードも速く感じず、パート2のひねった問題以外は素直で難易度はいつもより下がっていたように感じました(問題は全国同じではなく数パターン存在するのであくまで私が受けた問題の感想です)リスニングはたいてい 話し手はどこにいるでしょう、どこの部署でしょう 話し手は何が問題なのでしょう 話し手は次に何をするでしょう とかだいたいパターンが決まっているのでそこさえ聞けば全部気合入れて聞かなくてもいいと気が付き省エネリスニングでいけました。 リーディングは前半の文法はそれほど悩む場面もなく順調に進みましたが、後半の長文では時間が足りず、塗り絵こそ意地で回避しましたが最後は殆ど問題文を読まず勘で回答。実力不足を感じました。目標は長文の内容を楽しみながら余裕で回答だったのですが、余裕など全くなく必死で回答で終わりました。 今回は他の受験者は必死に勉強してきた方が多いようなので、素点がまあまあでも相対的には点数が下がるのではという予想もあります。まあ色々ありましたが8か月ぶりの受験無事にできてよかったです。

Continue reading

DMM英会話 プラスネイティブチケット販売開始

DMM英会話では月々の月謝の他に追加料金を支払えば「プラスレッスンチケット」を購入できます。DMM英会話では月謝の範囲内でできる「通常予約」をするには色々な制約があるため(通常予約したレッスンを消化しないと次のレッスンを予約できないなど)その制約がほぼないプラスレッスンチケットを使用したチケット予約をするとレッスンを消化しなくても数日先の予約をすることができたりします。ただし価格はチケット1枚500円と割高です。しかもスタンダードプランの先生の予約しかできず、ネイティブスピーカーの先生や日本人の先生の予約はできません。 プラスネイティブプランの生徒はプラスチケットを買ってもスタンダードプランの先生しか予約できないというのが従来でした。ただし以下の場合はネイティブスピーカーの先生も予約できるチケットが支給されていました。 【プラスネイティブチケットのデメリット】 価格が高い。10枚セットで13,000円。月謝にプラスなので月々の支払いが高額になる可能性がある 人気先生の予約争奪戦に拍車がかかる。人気の先生のレッスン枠を1人の生徒が多数買い占める可能性がある(1人の生徒が同じ先生の予約枠を大量に買い占めている事例はまだ聞いていませんが、稼働している先生が少ない土日を警戒して予め平日のうちからチケット使用で週末稼働の高評価の先生の予約を抑えているケースは増えたかもしれません(未検証ですがチケット販売以降土日に予約可能なネイティブプラン先生の数が極端に少なくなりました) 「1日1レッスン+プラスネイティブチケット」という組み合わせよりも、場合によっては「1日2レッスン」に月謝をアップグレードの方が割安の可能性があるかもしれない(検証していないので不確かですが) 【プラスネイティブチケットを買ってみました】 ばら売りで買うかセットで買うか迷ったのですが5枚セットで買ってみました。1枚使用したので残り4枚になっています。 購入の仕方は簡単です。「チケットを購入する」の水色のボタンを押します。 水色のチケットマーク(プラスレッスンチケット)はネイティブプランの先生は予約できずスタンダードプランの先生のみしか予約できませんので間違えないようにしましょう。 金色のチケットマークの「プラスネイティブチケット」がネイティブプランの先生も予約できるチケットになります。 支払い方法は「クレジットカード」か「ポイント」です。私の場合はDMMポイントが1500未満でしたのでクレジットカード払いにしました。 私は他のDMM英会話生徒のツイートもチェックしていますが今のところ特にプラスネイティブチケットが販売されたからといって特にそれについてのツイートが大幅に増えたようにも思えません。チケット購入に懐疑的な考えの方、またお目当ての先生を予約するために通常予約の範囲内でレッスンを数日分無駄にしている方、色々いらっしゃいます。 私自身はお目当て・人気先生の予約枠をたくさん買い占めることは全く考えていませんが、いざというときに今までよりも予約確保が追加料金を払うことによってできるようになったことは安心感があります。あまり散財しすぎないようにほどほどにしながら時々チケットを買う形になるのかなと思います。個人的にはスタンダードプランの生徒には販売しないのはある意味英断だと思っています。

Continue reading