DMM英会話 長期で安定して稼働する先生を見つけるのが課題

ネイティブプランだと週末になると極端に稼働する先生数が減るので、週末の予約は頭が痛い問題だけどその稼働してくれている先生たちとなんとか週末の英会話を乗り切っています。今週末はある先生と会ったのだが、何と母国に帰る準備をしているという、母国に帰ってもっといい仕事につきたいみたいでした。つまりそれは近い将来DMM英会話を辞めるだろうまたは大幅に規模を縮小しての開講になるだろうということを意味しています。

生徒側も大半の生徒は短期間で辞めてしまいますが、それでも多くの生徒が数年単位で継続しています。頭の痛い問題の一つがよい先生を安定して受講することができないということだと思います。DMM英会話専任で仕事をしてくれている先生は、主に物価の安い国に住んでいるようです。物価の高い国に住んでいる先生だと本業が別にあってまたは退職してもうフル稼働で働かなくてもよくなってという先生が多いような気がします。それからネイティブプランだと学生の先生も時折いて、学生だと学業の傍らなので稼働が安定しないことが多いです。夏季休業中は多く稼働するけど学校があるときは稼働数が少ないなど。

私の場合は運よく数年来のおつきあいの先生が数人いますが、数年たつと先生たちの生活状況なども変わってきますので、最近はその数年来の先生たちがDMM英会話から遠ざかり気味だなーと、これはもうすぐ去るときが近いようだという感じを受けています。そんなわけで最近は新しい先生探しをぼちぼちしています。しかし先生たちは移り変わっていくけど、私はこの数年何も変わっておらずもくもくと毎日受講って、私側の時だけが止まっているようです。