通常は日本語と同じように英語を話せるようにはならない

スピーキングにこだわる人を割とよく見かけます。で、「いつになったら私は流暢に話せるようになるんだろう」と思い悩む。その答えは残念ながら大人になってから英語学習を始めた人は「通常永久に日本語と同じようには話せるようにはならない」です。ただし昔の自分と比べて多少は話せるようになるのは可能です。上級者ほどそれをよく知っているのでその類のことはあんまり言いません。英会話スクールなどに行けばペラペラになれるという幻想と期待を持っているのはたいてい初心者です。それでスクールに通っても大幅に進歩しないと見切りをつけて比較的短期間でやめてしまいます。かと言って長く通ったらそれなりに上達するかというとそうでもありません。10-20年通っても多くの人は大幅に話す力が飛躍するということはありません。さらにいうと英語圏へ留学してもペラペラになるのは難しいことが大半です。

発音練習を一生懸命している人がいますが、例えネイティブの先生に発音習ったとしても、大人になってから完全に日本語訛りがぬけることは通常ありません。日本に数十年住んでも外国人タレントの日本語は完全に日本人と同じには聞こえないのと同じ感じかもです。ただし多少は改善するのは可能です。

そういった点を考慮に入れたうえで、英語学習で何を目指すのかは、それぞれの判断だと思います。私はスピーキングにこだわりはありません。外国人の話を聞くのが好きなので、聞いてまたは読んで理解できれば嬉しい。しかし英語を聞いて理解するのは難しい。話すのはさっぱりで、もし海外旅行して英語が通じなかったら英語で筆談すらちゃんとできる自信がありません。

言いたかったことは「話す」ことにこだわりすぎて悲壮感を持たなくてもいいのではと、必要以上に思い悩んでいる人を見るとそんなことを思います。少しずつうまくなればいいんじゃないでしょうかということです。思いつめすぎると英語学習しているときたいてい凹み感しか持たなくなってしまうので。