ツイッターが少し嫌いになった

私はインスタやフェイスブックはアカウントはあるもののほとんど使っていません。しかしツイッターは大好きでよく使っています。ズボラな私には短い文で気軽につぶやくのが合っているみたい。インスタだと写真加工?とか面倒そう。ところがツイッターは意外に好き勝手つぶやけません。公開アカウントにしているとフォローしていない知らない人から心無いことを言われたり、ネガティブなことばかりつぶやくとリムられたり?、私はネガティブなことはあんまりつぶやかないようにしているのでよく分かりませんが、誰かが「ネガティブなことばかりつぶやいてごめんなさい」「興味がなければ遠慮なくリムるかブロックしてください」と言うのを時々みます。つまりツイッターでも他人の顔色をうかがいながらでないと・・・自由につぶやけない感じを受けています。本来自分が楽しむために、人のためでなく自分のためにつぶやくはずが、いつのまにか「こんなことつぶやいたらまずいよなー」とか遠慮しがちになります。

私は一般の方を(芸能人は自分からフォローする)自分からフォローすることは滅多にないです。しかしフォローしてくれる人は少しずつ増えて今では数百人。正直どうしても生理的に受け付けないツイートばかりしてブロックした人もいます。それから筋が通っていないこと(具体的には言えませんが)をしている人もブロックします。今までブロックしたのはそれでもどうしても腹が立って仕方がなかった5人くらいです。ツイッターで気に入らないのは、ブロックした・された相手が、私のフォロワーにコメントつけているとモザイクかかって見えることです。それにブロックした相手の名前を呼びながら私のフォロワーが返信したりしているとすぐわかって、すごく不愉快です。

返信は以前は時々していたんだけど、ここ数日は返信(自分から誰かのツイートに返信つける)一切していないです。何となく返信すると律義に返事をくれる方が多くて、返信に時間を割いていただくのが申し訳ない気がしてきたからです。そんなわけで私のツイートは無難な内容で、フォロー外のいいねは一切やめ、リプはつけない・・・と非常に省エネモードで使用しています。ツイッターといえども人間関係あって、面倒なこと一切ごめんな私は、ツイッターの世界はちょっと疲れるかもしれない。結局出る杭は打たれる世界なのかもしれません。