カランメソッドについて思うこと(あくまで個人の感想です)

ネイティブキャンプをたまにやっているせいか広場欄をよく見ています。そこではカランに関する話題をよく見かけます。またツイッターでもカランについて見かけます。私もずいぶん以前ですが(qqEnglishで?)数か月やったことがありますが途中でやめてしまいました。以下はあくまで私の個人的な感想です。

まず「通常より4倍?英語を速く習得できる?」的な文言・うたい文句は大半の人にはあてはまらないという印象を受けています。4倍の速さで習得した人もゼロではないかもしれませんがそう多くはないという感じをけています。

ツイッターや広場で時々見かけるものは、その効果に疑問を感じ継続するのがいいのかどうかという相談です。カランメソッドをやってもスピーキングテストの結果は長期間横ばいだというもの、カランの最後のステージをやりきっても劇的に英語力が上がったということはないというものなどです。

ネイティブキャンプのカランの問題点の一つは予約料金や教材費がかかり最後のステージまでいくのに高額の料金がかかることです。私個人的にはカランメソッドが悪いとは思っていません。根本的に何をやっても日本人には英語の習得は基本的には難しいと思っています。

私自身はどうかというと、途中でやめてしまいましたが、カランやっている人より著しく英語力が劣るかというとそんなことはないと思っています。私だけでなくカランを全然やったことがない人の英語力はカランをやっている人に比べて低いかというと全然そんなことはないです。

・カランメソッドはやりたい人がやればよい
・大半の人にとってはカランをやったからといって劇的に英語力があがるわけでも、通常より早く英語を習得できるわけでもない

以上が私の感想です。