Day: October 3, 2020

クラウドワークス 英語を使う仕事を探す

「クラウドワークス」というサイトで仕事を見つけたり、また逆に仕事をしてくれる人を探すことができます。私はこのサイトを5年ほど使っています。「英語」というキーワードで検索すると英語を使う仕事を見つけることもできます。ただどの仕事も応募者が多く応募者の英語スキルがとても高くて競争率が高く採用してもらえることはあまりないです。英語を使う仕事の主なものは ・翻訳(報酬がよいこともあるがその代わり仕事量が多いことも)・海外向けウェブサイトの運営補助(サイトへの出品作業・取引先へ電話交渉)・ライター(英会話や英語学習全般について書く) 翻訳系は応募者の英語スキルが高く採用されるのが簡単ではなかもしれません。登録出品作業系は件数が多く単価が安い傾向があります。ライターは仕事量に見合った一番妥当な報酬で一番やりやすいかもしれませんが書くネタがつきることがあるかもしれません。 たまたま私だけかもしれませんが、報酬がそれなりにいいものは仕事量が多く大変でした。一番ひどかった仕事の一つは1日中働いて電話代が自腹で「日給150円(1500円ではありません)」だったものです。リサーチ系・登録系も作業量が多い割に単価がとても低かったです。ライター系は1原稿あたり数千円もらえることもあって一番割にあった仕事でした。それから時々あったのですが報酬がきちんと支払われない(ほとんどは雇用している側が忙しくて忘れているだけ、つまり働いている人のことなんか関心が低いのです)ケースも。全体的にハローワークのようなきっちりした場所ではないと割り切って利用するのがいいかと思います。それから在宅ワークが多いので出社など必要とする仕事はあまりない点も特徴です。

Continue reading